ウェディングプランナーブログ

BLOG

食べ過ぎる7つの理由

   

いつもORIENTAL KYOTO SUZAKU-TEIのブログをご覧頂きまして、ありがとうございます

秋といえば、食欲の秋ですよね

いつもより食欲が増してしまう気がしますが、皆様はいかがでしょうか??

ダイエットしたいのに、今日も食べ過ぎてしまった…という経験はありませんか?

しかし、食べ過ぎてしまうことにはきちんと理由があるのです。

その理由と正しい対処法をチェックしていきましょう

 

【1】 実は喉が渇いているだけかも…

それなりの量を食べたのにまだ満腹にならないと
自分が大食いになってしまったのかと心配になりますよね…
しかし実は人間の脳は空腹と喉の渇きとを区別できないことがあるのだそうです。
もしいつも以上の量を食べそうになってしまったら
まずはコップ1杯の水を飲んで少し待ってみてください!
さらに1日を通してこまめに水分補給することはマストです

【2】 スマホを見ながら食べている

テレビやスマホを見ながら食べることが習慣化していませんか?
ニュースやSNSの内容で頭がいっぱいになっていると食べたことを実感できないだけでなく、
体が食事をしたことを忘れてしまうこともあるんです
せめて少しの時間は自分の食べてるものを見ながら食事してみましょう!

【3】 パートナーと同じ量を食べている

パートナーと一緒に食事をする時間はとても大切ですが、同じ量を食べていたら要注意!
一般的に男性の方が筋肉量や基礎代謝量が多いので
同じペースで食べていたら太ってしまうのは当然です。
家で食べるときは自分の分を少なめに盛り付ける外食では
炭水化物を減らすなどの工夫をしてみましょう!!
相手にもダイエットを強要するのではなく、2人の時間を大切にしながら食べる量を見直しましょうicon:emoji010

【4】 間食をしない

間食は太る原因だと思っていませんか?
確かにチョコやクッキーを大量に食べるのはNGですが、
空腹状態が長く続けば後で食べ過ぎてしまいます!
次の食事までの時間が長くなりそうなときは
大体100KCalを目安に軽い間食を摂っておくことをおすすめしますicon:emoji045
朝食をとらない場合もバナナ1本ぐらいは食べておいたほうがお昼の食べ過ぎを防げます!

【5】 加工食品が多い

加工食品はやはり美味しく食べるためにつくられているので糖分塩分が多め。
無意識のうちに濃い味になれてしまいカロリー摂取量もどんどん増えてしまいます。
食べ過ぎが気になってきたらグリルした肉や魚にサラダなど
「目で見て材料がわかるもの」を中心に食べるようにしてみてください

【6】 小分け袋のお菓子を食べている

市販のお菓子をたまに楽しむのは悪い事ではありませんが
少しでもカロリーを抑えようと小分けのタイプのものを選んでませんか?
実はこれ、ダイエットのちょっとした罠になるのです

人はどうしても心理的に「小分けタイプなら1袋食べてもいいや」と思ってしまいますが、
製品によっては1袋のカロリーが意外と高かったりしますicon:emoji053

【7】 お皿の色と料理の色がマッチ

お皿を選ぶときは大きさだけでなく色にも注意しましょう!
料理とお皿の色が似ていると食べ始めと終わりの印象があまり変わらない為
そんなに食べなかったと錯覚してしまうのですicon:emoji027
その一方で例えば黒っぽいお皿にクリーム系のパスタなら
減り方が一目で分かる為結構食べた!と感じられるのだそう…icon:emoji043

盛り付けるときは色のコントラストも意識してみてくださいねicon:emoji074icon:emoji045

次回のブログもお楽しみに

 

 

 

 

 - その他