ウェディングプランナーブログ

BLOG

卒業シーズン

   

こんにちは(*^_^*)

いつもORIENTAL KYOTO SUZAKU-TEI 朱雀邸の
ブログをご覧いただきましてありがとうございます!

早いもので3月も折り返しの時期を過ぎましたね

天気も良く暖かい気温の日々が続いております

3月は卒業シーズンのため、街を歩いていると袴姿やスーツ姿の学生さんをよく見かけます

朱雀邸でもお着付のご予約を頂いており、朝お支度をして卒業式に向かう学生さんを
お見送りしております

また、朱雀邸では毎週末たくさんのゲストの方に見守られながら結婚式を挙げられております

今回は、披露宴の中で人気の演出

ケーキ入刀についてお話させていただきます

一度は皆様ご覧になったことはありますでしょうか?
ケーキ入刀とは、新郎新婦がケーキにナイフを入れる披露宴の代表的な演出

結婚したふたりが最初にする共同作業であり、結婚を祝ってくれるゲストへの

幸せのおすそ分けという意味も込められています

0G1A7981

ケーキ入刀が終わった後、人気の演出はファーストバイトと呼ばれる演出です

新郎から新婦への一口は「一生食べさせてあげる」、新婦から新郎への一口は

「一生おいしいものを作ってあげる」との意味があるそう

新郎から新婦への一口は普通のスプーンで、新婦から新郎へは大きなスプーンで

ケーキを口いっぱいに頬張らせるという演出もあります

中には、司会者からの一言「お手本が必要ですよね~」とかけたあとに
新郎新婦の親御様に出て着ていただいて先に親御様にやっていただく♪というのを
サプライズとして取り入れられる方もいらっしゃいます

そして入刀後、ファーストバイト等の終了後、ゲストに切り分けデザートとして提供されます

朱雀邸では、ケーキのデザインも新郎新婦のお2人と一緒にお打ち合わせをして決定します

0G1A7974

皆様のお写真にも残りやすい物になってきますので、ぜひこだわりのケーキを作りましょう

 - 演出